自然エネルギーの家

私は大学院時代に木質バイオマスエネルギーの普及について研究していたので、
なんとか自然エネルギーが広がっていってくれないかと思っています。
(太陽光はいろいろあって別ですが・・・)
「安全優先」とか、そういう問題じゃない。去年の3月のことを、私たちは忘れてしまったのか・・・
「安全神話」が崩れ去ったのに・・・まだやるのかと、本当に落胆しています
確かに、直後の新宿の街は、ネオンが消えて暗かった。
でも、それが本来の姿だと思った。
実際、新宿を歩く人たちは、あれで全く困っていなかった。
大垣で自然素材の家を建てる
震災で私たちは多くのものを失いましたが、
それによって人間の本当の生き方を問い直す、良いきっかけを得たのだと思いました。
本気でこの国、いや世界のエネルギー政策は変わると、その時は思いました。
間接民主主義の限界なのでしょうか。
いまから家づくりをして暮らしていくには、やっぱりエネルギーに頼らなくてもいいような家にしたいなと思います。
できるところは自分でつくる。DIY。なるべく環境負荷のかからない素材を使って建てる。製造コストから、解体のときのコストまで見越して、
なるべく自然素材で建てる。
エネルギーとの付き合い方を見直さなければいけない今だからこそ、家で使われるエネルギーの考え方も見直さなければいけないと思います。

大切な住まいだからこそ、手を掛けてDIYでリノベーションしませんか