森を守る

こんにちは!この前の日曜日、プロジェクトの最終回の発表会がありました!私たちのチームは、「全4回の活動を、森の立場から発表する」というのがミッションでした。そのための準備が、こちらです。なかなかの出来栄えじゃないですか!? 岐阜で濡れ縁のある家づくり森のスギの木のお面をかぶって、森の気持ちになり、紙芝居形式で発表です.さてさて、肝心の発表の中身ですが、これも本当に最高の出来でした!発表のための台本は一応作りはするものの、未完成の状態。子どもたちの感じたこと、考えたことを加えて、初めて台本が完成します。当日の1時間という短い準備時間の中で、メンバーの子どもたちは、このプロジェクトを通じて感じたことをしっかりとアウトプットし、かつ素晴らしい発表になるようにしっかりと練習してくれました。私は、幼いころのこうした体験は、将来必ず何かの役に立つと思っています。皆さんも、「小さいころ、近所の雑木林でカブトムシをとった!」とか、「野原に咲くタンポポを摘んだ!」とか、いまだ記憶に残っていたりしませんか?自然を全身で感じることは、それだけ意味のあることなんだろうと思います。これですべてのプログラムを終了しましたが、 スタッフでは、プレゼントであげた苗木を郡上の森に返すところまでやろうよね!と、話をしております。その頃には高校生とか、大学生になっているのかな。もちろん、「木こり目指します!」とまではいかなくても、「あそこでの経験が、今の自分をつくってます!」と、少しでも思ってくれたら、本当にうれしいです。次回はすでに9月の末と決まっています!今回は残念ながら参加が叶わなかった方も、ぜひご検討ください!

大切な住まいだからこそ、手を掛けてDIYでリノベーションしませんか