DIYを楽しもう!

最近はリノベーション・リフォームをされるお客様が増えてきております。実家など持ち家がある方や、現在では空家も増えていますので、それらを購入してリノベーション・リフォームをする方も見えますよね。リノベーション・リフォームは住まいを暮らしやすく、住みやすくするのはもちろん、中古住宅だからこそDIYを楽しみながら家づくりをすることもできるのです!新築だとなかなか自分で思いきって手を加えるということはできないですよね!しかし中古住宅なら思いきってできる!壁をご自身で塗ったり、デコレーションしたり、ウッドデッキを作ったり・・・もちろん職人さんと相談をしながらですが、予算的に難しい部分もご自身の手でやるという方法もございます!ぜひDIYにチャレンジしてみてくださいね。小さなお子様がいるご家庭はそれだけで、家族のいい思い出ができますよ。自分で手を加えた家はそれだけでお子さまにとっても宝物になること間違いなしです!この3年というより25才にも半ばに入った辺りから自分の中でコロコロと音をたてているように感じます。学生時代や、「目の前の事をまずはやってみる」といった新人のころとは、また違う自分との向き合い方をしているように思います。少なくとも、起こることに対し「受身」だった自分がいたな。今になって気がつくことができます。これは自分が変わったということ?なんでしょうか?だから気がつく事ができたのでしょうか?「受身」から一歩出だことで非常に多くの学びが世の中には溢れていることに気がつきました。自分が本当に未熟なので、溢れているのかも?!しれません。今、今が10年後20年後の自分を作っているのかと思うと、タイムリミットがあるような気がして焦る気持ちも出てきます。「少しでも、自分の質を上げたい」自分の中に感じる 「コロコロ」が小さくてもいいので「成長」というものにつながっていてほしい。 そう思います!久しぶりに、大真面目な記事を書いてしまいました。そんな時期ですか?25才は??世の中の人達、皆尊敬いたします! 本日、匠の会の部会が開催されました。弊社では月に1回、匠の会(協力業者)の部会を行っています。部会では、どうしたらもっと良い家づくりができるのか、などテーマを設けて皆で真剣に話し合います。また、人間力の向上を目的として、PHPという月刊の冊子を業者全員が読んでいます。そのPHPの中から、毎回一つのテーマを選び、部会の中で話し合いもしています。今回はPHP5月号の中から、佐々木かをりさんの「言葉の言い換えで前に進もう」をテーマに選びました。まずはグループを組み、各自PHPを読んで感じた自分の考えや気付いた事を書きだします。そのあと、グループで意見交換です。仕事の経験から得た意見や、自分自身の問題解決の方法、賛成の声、拍手が各グループで飛び交います。皆真剣です。本日は遠路京都から、PHPの安田様と西岡様が匠の会部会をご覧にお越しくださいました。有難うございました。来月の匠の会も熱く語ります。
PR:岐阜で注文住宅を建てるなら木の家工務店のこちらへ貯蓄英語上達の秘訣生命保険の選び方童話女性向けエステ.com四季の童話集健康マニアによる無病ライフお家の見直ししま専科カラスの童話マッサージのリアル口コミ.com英語上達の秘訣内職 アルバイトJALカードクレジットカードの即日発行じゃけん住宅リフォーム総合情報

大切な住まいだからこそ、手を掛けてDIYでリノベーションしませんか